南極神拳奥義 パチスロ無限投資

コマンドは、←↖↑↗→↘↓↙←

タグ:ゲッターマウス

アクロスAプロジェクト
アクロスAプロジェクトとは?

アクロスで最強なのはどの機種なのか?

友人たちと話をしていて気になってきたのです。

本当は1〜3位を聞きたいのですが、今回は1位のみで。下記リンクから投票お願いします。

アクロス(A PROJECT)No.1決定戦アンケート 

ちなみに南極7号のトップ3

1位 B-MAX


2位 ハナビ


3位 サンダーVリボルト


という感じになっておりますが、現在バーサス株の上昇が見られますので来月には入れ替わっているかもしれない……。


さあ、みなさんの1位教えてください。

アクロス(A PROJECT)No.1決定戦アンケート  





友人知人に聞いた事のあるトップ3

1位 サンダーVリボルト
2位 ハナビ
3位 クランキーコレクション
JKJ

1位 クランキーコレクション
2位 サンダーVリボルト
3位 ゲッターマウス
友人T

1位 ハナビ
2位 バーサス
3位 ゲッターマウス
世界のガット石神

1位 バーサス
2位 B-MAX
3位 サンダーVリボルト
知人Y

1位 ハナビ
2位 サンダーVリボルト
3位 クランキーセレブレーション
友人K

1位 バーサス
2位 クランキーコレクション
3位 B-MAX
知人M

1位 B-MAX
2位 クランキーコレクション
3位 ゲッターマウス
友人O

とのことでした。やはりバラバラですね、そりゃそうですよね。 クレセレとゲッタマ以外は1位2位両方入ってきています。理由もそれぞれ聞いたのですが純粋な好みから、業界に与えたであろう影響度を加味したランクなど様々でした。そんな話をするのは楽しいですね。


今一度ラインナップ

ちょっと画像をアクロス A PROJECTサイトから拝借。 

クランキーコレクション
クランキーコレクション

記念すべき第一弾。当時、俺が店長なら全台2にして遊んでもらう、とか言ってました。クランキーチャレンジの度にビクゥとなるのは俺だけじゃないハズ。


B-MAX
B-MAX

マイベストアクロス。完全フリー打ちでスイカが揃うとがっかりする機種。予告音も無いので毎ゲーム一定の期待感でストレスなくハマれる。クラコレには無いほど良い緊張感も一般ウケせず。


ハナビ
ハナビ

リバイバルとしての完成度だけでなく、4号機ハナビを超えた?と思わせる所もあるとかないとか。俺は長男狙いでよく打ちますが、他のポイントも探したい年頃‥‥。


サンダーVリボルト
サンダーVリボルト

予告音=だいたいチェリーがパッとしなかったが違う打ち方に出会ってから一変。4号機当時はスイカこぼし上等で右ゲチェナ狙いしていました。


ゲッターマウス
ゲッターマウス

ほとんど打っていないので良さがまだわかりません。中押しだけはやらないぞ!という謎の誓いを立てた一品。


バーサス
バーサス

最近になってようやく触るようになりました。スラッシュの意義を知って少し和解できた気がする一品。予告音なし=チェリーなしを活用した打ち方が楽しむ秘訣っぽい。


クランキーセレブレーション
クランキーセレブレーション

1000ハマりをくらった苦い思い出しかありません。これはリバイバルなのか疑問だが、クラセレのネガキャンがしたいわけではない。やはり高い合算と高い出玉率が魅力?なのだろうか‥‥。


というわけで、アンケートお待ちしております。

アクロス(A PROJECT)No.1決定戦アンケート  


あ、プッシュもできれば……すみません。
にほんブログ村 スロットブログへ

チューチュー、チューチュー、チューーーー!
(どうもみなさん、はじめまして、なんきょくいちろーです!) 

チュッチュチュー、チュッチューチュチュチュ、チュチュ?
アクロスのゲッターマウスもう打ちましたか?

チュー、チュチュッチュー、チュー!
(私は最近になってようやく打つ事ができたのですが、収支の方はさっぱりで、いつも右腕のアノあたりを齧られて泣かされております。先日はネズミ狙いの最中にネズミ生入りというサプライズを頂きまして、見事-200枚で済みました。生入りはどの機種でもびっくりしますが、B-MAXほどではありませんでした。ところでゲッチュー演出についてなのですが、どうにもサブローの存在意義がわかりません。取りこぼしても楽しめるようにスイカを1枚にしたんじゃないの?っていうくらい狙わされる意味がわかりません。狙わなきゃいいじゃんと言われても、告知されちゃ狙うじゃない。プレイスタイルの問題なのでしょうが、どうにもマッチしないんですよね。このあたりのモヤモヤをどうやって解決していくか、今後の課題となりそうです。)


※写真はイメージですらありません

 
続きを読む

このページのトップヘ