どっち派

ギャンブルとしてのパチスロが好き。

アミューズメント・ゲームとしてのパチスロが好き。

比重がどっちに寄っているかというだけで、二つにそう違いはないんです。 

俺は半々って所でしょうか。

いや、6:4くらいかな。

ゲーセンから20スロまでパチスロは好きです。

あ、上の画像だとどっちか決める!みたいに見えるな。
 
たまに見かける、

ノーレートでパチスロは打たないとか、本当にパチスロ好きなのかよ。

ちょっとズレている。


もちろん逆に、

ノーレートでパチスロ打つとか、時間の無駄。

これもズレている。


どちらのスタンスで臨んだとしても最終的に目の前にあるのはパチスロを打つということ。

ゴールが同じなんだからどっちでもいい。

と思うわけです。


そして、これに機種が加わってくるとまたバランスが変わってくる。

今度はレートの有無によっては「打ちたくない機種」が出てくる。

中には有無に関わらず打ちたくない機種なんかも。

だからといってnotパチスロ好きにはならない。

これはもうどうしようもない。

好きにも限度はある。


好きが高じて、と言えば聞こえは良いが、同じ温度感でないと会話ができなくなっている人をたまに見かけます。

もはやこじれている。好きがこじれる。

パチスロ好きの定義は難しいというか、好きの度合いなんて人それぞれで押し付けるものでもない。

どんな趣味にも当てはまることですけどね。

パチスロを楽しめたら幸せ。


このブログは、マクロスF2を楽しく打つためのブログです。

おまたせ。

マクロスの時間だぞ。


さぁ、今回はメドレーステップアップ(以後MSU)の話をするぞ。

こっちの話にいつ切り替えるかソワソワしてたぜ。

レバーオンで広がる無限の可能性に心躍らせろ!


MSUはレバーオンでショートフリーズが発生し、左(または右)から段階的にリールがスロー回転しだす演出。

スロー回転するリールの数で期待度が変わり、3までいけば何かが確定する。

下段に揃ってトライアングルチャンスか、斜めに揃ってボーナス

そして、

ブラックアウトすればロングフリーズとなり究極クランーナスが確定する。 

まれに突撃ライブチャンスという2択に発展する。

そして、何も揃わなかった場合はバジュラアタック(CZ)に突入する。


つまり、発生しただけでCZ以上が確定する。

そこそこ熱いフラグなのだ。

MSU発生確率が1/600~700、ここで何かが揃う期待度は28%程度ある。

これにCZの期待度(25%と言われている)も併せると46%程度の期待度となる。


これが、レバーオンで発生するというのがポイントだ。

光った感に似ている。

フラグを引いてやった感がある。

発生頻度とその先にある未来への期待。

いい塩梅なんだぜ。


当たらなかったりもするわけで、多少の免疫力(あきらめ力)も必要となる。

当たったら当たったで、

アルト50駆け抜け

これへの免疫力が必要だが、必要経費みたいなものだと割り切ってくれ。

さぁ今すぐマクロスを打ちに行こう!


出撃チャレンジでは前兆が楽しめて、MSUではフラグを楽しめる。

しかし、マクロスF2にはまだ話しておくことがある。

次回はチャンスチェリー・チャンススイカの魅力に迫る。

※BonusLive ver.とかいう類似品に注意してください。


お知らせ
====================
3月は百鬼夜行があります。

舞台は新潟SLOT ZAP

3月6日は百鬼夜行に行ってみませんか?

1GAMEの特設サイトで事前アンケートを受け付けております。

当日はアンケート受付完了画面またはSLOT ZAPさんの会員カードが必須となります。

無いと最後尾からの並び入場となりますので注意です!

↓こちらからどうぞどうぞ
http://slot-1game.com/hkyk/7
====================

応援プッシュだけでもお願いします。

にほんブログ村 スロットブログへ